循環型農業

やえやまファームの循環型農業とは

有機農法や畜産に必要な堆肥や飼料は、可能な限り自社農場と牧場で作っています。
家畜の糞尿から堆肥を作り、野菜や果物を育て、それをまた家畜の飼料とする。
“ファームの外から何も持ち込まない、何も捨てない”という循環型農業を目指しています。
また、安全を確保するために生産から加工、流通までの過程を明確にする
「トレーサビリティ」の向上にも努めています。

自社農場で作った作物を豚の飼料に

自社農場で作った作物を豚の飼料に

栽培したパイナップルをジュースとして加工する際に、
通常廃棄される搾りかすなどの副産物を豚の飼料として利用しています。
ふすまと混ぜて発酵させた飼料を与えることで
腸内の菌を整え肉質がよく、健康な豚が育ちます。

豚や牛の糞尿は農地の堆肥へ

豚や牛の糞尿は農地の堆肥へ

牛や豚の糞尿は、堆肥化させて有機栽培に欠かせない
肥料としてとても有用です。
牛舎や豚舎の敷料についた家畜の糞尿も
発酵させてリサイクルしています。

堆肥がよい土壌を作り、農作物を育てる

堆肥がよい土壌を作り、農作物を育てる

循環型農業にとって重要なのは堆肥です。
採草地でできた草マルチや、家畜からできた堆肥を利用し、
良質な農作物を育てています。
このように、自然の生態系に近い形で畜産と農業をリンクさせ、
石垣島の中で完結できる、循環型農業に取り組んでいます。

お知らせ情報

さらに見る