有機パイナップルへのこだわり

健康な身体は、食べるものから作られる。
そんな考えからやえやまファームでは化学肥料や化学農薬を
一切使わない有機パイナップルを育てています。
自然の恵みだけで作る野菜や果物は、安全で安心。
しかも、抗酸化力が高く、ビタミンを多く含むと言われています。
安全で美味しく、健康な身体を作る、力強い野菜と果物をお届けします。

有機パイナップルへのこだわり

自然を味方にして
力のある作物に

石垣島は、頻繁に台風がやって来る場所。有機パイナップルの生育や収穫に影響があるのですが、悪いことばかりではありません。強風が害虫を連れ去って農場を浄化、微量のミネラルも運んでくれるのです。南国の穏やかさだけでなく、実が折れたり、飛ばされたりと過酷な条件だからこそ糖度が増し、希少価値の高い有機パイナップルへと育ちます。

力強い土壌
時には過酷さも…

有機肥料で
良質な土壌作り

『崎枝農場』の土は、砂地より粘土質で酸性が強い赤土。土壌の肥料として、牧場で作った堆肥のほかに、米ぬかや泡盛蒸留粕を利用します。肥料が発酵することでタンパク質がアミノ酸に分解されます。有機農法で美味しいパイナップルを作ることは、アミノ酸を多く含んだ土壌にすること。さらに、赤土は保水力が強すぎるので、緩やかな斜面に土壌改良を施し水はけがよくなるようにして栽培しています。

無農薬だからこそ
必要なのは人の手

化学肥料や化学農薬を一切使わない有機農法だから、農薬を散布中に吸い込むこともなくハルサー(畑人)たちは安全に作業ができます。ただ、駆除剤などの化学農薬を使うことができない分、害虫やネズミ・カラスなどの害獣の駆除はすべて手作業になるので手間も時間もかかります。大変な作業が増えますが、その分安心していただける安全な商品をお届けできるのです。

安心・安全な作物に!
有機JAS認定

有機JAS認定

化学的に合成された肥料および農薬の使用を避けることを基本とし、播種または植え付け前2年以上(多年生産物の場合は、最初の収穫前3年以上)の間、堆肥等による土作りを行った圃場において生産された農産物。有機JASマークを貼るためには有機JAS規格で定められた基準を満たし、認定機関による検査を受け認証されなければならない。

暑い日も雨の日も毎日畑にでて、作物の世話をしています。それは、多くの方に安全で安心な有機作物を届けたいから。有機栽培で採れたものを美味しく味わってもらい、より豊かな食生活につながればと思っています。

お知らせ情報

さらに見る