飼育へのこだわり

180度海が見渡せる広大な敷地にある『幸福牧場』では、
手間と時間はかかりましたが、石垣島の風土を生かしながら
安全・安心で美味しい南ぬ豚(ぱいぬぶた)と石垣島産黒毛和牛をお届けしています。

自然を味方に

パイナップルで育つ
希少価値の高い南ぬ豚

『幸福牧場』で育つ豚は沖縄アグー豚のF1種に独自の飼料を与えたオリジナルブランド豚、南ぬ豚(ぱいぬぶた)。沖縄の方言で、南国の豚を意味する“南ぬ豚”と名付けました。主に、石垣島で丹念に作られたパイナップルを原料とする発酵飼料を食べて育ちます。夏は風が通り涼しく、豚が過ごしやすい環境に加え、豚舎を清潔に保ち、寒くなれば風が当たらないようにメンテナンスも行います。デリケートな動物だけに、飼育者の観察と管理が大切になります。南ぬ豚は、一度の出産で生まれる仔豚の数が一般の豚より少ないことから、大量に増やすのは難しい。しかし、生産性を上げるよりも、時間と手間をかけて本物の美味しさを届けることを大切にしています。

パイナップルは捨てずに飼料に

パイナップルの副産物を飼料として利用。
発酵飼料を食べることで、腸内の菌を整えます。

  • パイナップルの副産物を飼料として利用
  • 発酵飼料を食べることで、腸内の菌を整えます

肉質のよい
健康的な石垣島産黒毛和牛を育てる

健康的な石垣島産黒毛和牛に育てるためには質のよい牧草が必要。大量の牧草がいりますが、温暖な石垣島に位置するやえやまファームでは本州より豊富に牧草を収穫できます。青刈りした牧草を発酵させた飼料を与えることで、腸内の細菌を整え、鍛えることで健康体になるのです。肉質のいい石垣島産黒毛和牛を育てるには、成長期に合わせた飼料が大切。粗飼料の牧草は、自給100%。粗飼料を補う飼料はトレーサビリティを考えて独自で研究を重ね、将来自給率100%を目指しています。また、石垣島産黒毛和牛の食物連鎖の仕組みを学問的に示す研究を始めています。

栄養価の高い牧草を育てています

粗飼料として使う牧草は、トランスバーラーという種類の牧草を使用。収量や栄養価が高いとされる高品質な牧草です。

  • 収量や栄養価が高いとされる高品質な牧草
  • トランスバーラーという種類の牧草を使用

牛と豚が過ごしやすい環境作り

温暖気候や、潮風によってミネラルたっぷりの牧草など、牛と豚がストレスなく悠々と育つ好条件がここにはそろっています。健康的で美味しい牛と豚を育てるのに大事なことは、その立地です。『幸福牧場』は海岸沿いの土地で、広大であるということ。石垣島の年中温暖な気候も加わって、粗飼料として大事な牧草の生育がよく、豊富に収穫できます。海岸沿いからの潮風がミネラルを運び、牧草の成長だけでなく、牛と豚は病気が少なく健康的に育ちます。また、牛舎と豚舎は潮風のおかげで風通しがよく、真夏でも涼しいです。

ぐるりと海に囲まれた広大な敷地と、風が通る過ごしやすい環境で、牛も豚も伸び伸び育っています。石垣島はゆったりとした時間が流れ、動物だけでなく働く側もストレスなく働ける素敵な場所ですよ。

お知らせ情報

さらに見る